液晶ペンタブを近々買おかと思とります

結構な値段やけど、これだけのもん買ぉたら描くしかないよね
ぐーたらな自分にプレッシャー

買おと思っとんのはコレ


どのサイズにするかでかなり迷った…
 

HANDの星はコレで描くつもり
描き味とかも感想描くので、参考にして貰えれば‥‥ちゃんと解説できるかは‥‥
みんなのOKが出たら載せるけん、よろしく

  
お待たせしました
OKもらったんで、しゃんしゃん載せて行きたいとおもいます

内輪ネタな上に、これが一番古いやつで、引きの構図が少なく、アップが多いので分かりづらい‥‥

それでも見たい!!って方はどうぞ

  

※画像をクリックすると次ページに進みます。F11ボタンで全画面表示すると見やすいかも。

HANDの星☆00001
基本これ見ながらじゃないと‥‥いや、見てもどれが誰か分からんかも
それと、方言が多くて分かりづらいという苦情は聞かんけん
話しの流れとかで感じ取るか、ばりっ子に通訳してもらってつかぁー

HANDの星☆00002
って言いながら、この表情からも見て取れる様に、描かれるのはOKらしい。

HANDの星☆00003
デコよりはちまきの幅の方が広いので、折らずにデコに巻けない‥‥
普通に巻いたら、眉毛かぶるっちゅーんよ

HANDの星☆00004
縫った後、アホかって真木先生に頭しばかれて、イケるか?と聞かれて『ハイ』と言うてしもたらしい

HANDの星☆00005
いかにみんなの隙をつくか‥‥んな事ばっかり覗っとります

HANDの星☆00006.7
こーゆー環境に慣れたせいか、少々の事じゃ起きんよ

HANDの星☆00008
腹筋以上に腕立が苦手
バーベルは足の筋力で補わんと、やっとれんわい

HANDの星☆00009
真剣にやってアレなんよ

HANDの星☆00010
全体的にほっしーとりょーちんは似とったけん、1回りょーちんがミスった時、
ほっしーが怒られビンタをくらうという、痛ましい事件が起こった

HANDの星☆00011
あのくらい真剣にそして豪快に、そーそーボケかませんよね

HANDの星☆00012,3
意外としっかりしとる星加さん。
ほやのに、バカ扱いされるほっしー。
人の話し聞いてないくそあいこがバカアホ言われんのが不服らしい。

HANDの星☆00014
勢い余って‥‥というより、絶対わざとやと思う。

HANDの星☆00015
あめくれゆーたらええ方。勝手に食べるけんね

HANDの星☆00016,17
八つ当たりやか日常茶飯事。

HANDの星☆00018,19
機嫌が良くてもなぜか怖い

HANDの星☆00020
しんどいけど、負けたないんよ

HANDの星☆00021
得意げに出したのに‥‥後輩までもに全否定。
でも、見慣れたら普通よ。

HANDの星☆00022,23
超低レベルな戦い‥‥
それでも、勝ったらめっちゃ嬉しい

HANDの星☆00024
社会人ででは、ロングシュート禁止やったとか‥‥。
星加のロング→キーパーキャッチ→速攻

HANDの星☆00025
夜道にはご注意を

HANDの星☆00026,27
キーパーやのに取ったら怒られる

今回はここまで。
こんなもんじゃほっしーの良さは伝わらんわい
という事で、次回からも、ほっしーファンを増やすべく頑張ります


☆あとがき☆

この時代がなければ、今の自分は無いって言ーても、ええくらいやないかと思う。
もちろん、スポ根系の話を描く事も‥‥描こと思う事すらなかったかもね。

ハンド部の恩師が、
同じ釜のメシを食って厳しい練習に耐えたやつらは、一生の友達になる
的な感じの事を言よったけど、みんなはどー思っとる?

同じ目標に向かって同じ時を過ごした永遠の友‥‥
ん~
もっと深く書きたいけど、書けんなぁ。
言葉で伝えるのが苦手で、書けんけん描きよんやけん、こらえて。






永遠の友へ

マイペースで協調性の無い私を、いつも誘っていただきありがとうございます。
分かっとんやったらその性格直しや‥‥という話は受け付けませんので、
今後とも、よろしくお願いします



☆後日談☆

ほっしーは『寝ぞうの悪さを描いたネタのあいこが目覚める所が面白かった』との事。
内輪ネタではございましたが、皆様は如何でしたか
是非是非、感想をお待ちしております



※画像をクリックすると次ページに進みます。F11ボタンで全画面表示すると見やすいかも。
この漫画は コレ を使って描いてます

0001

00030002

作品ファイル00050004

あとがき

作品ファイル0007作品ファイル0006

作品ファイル0009作品ファイル0008

作品ファイル0011作品ファイル0010

あとがき

作品ファイル0013作品ファイル0012

作品ファイル0015作品ファイル0014

あとがき

作品ファイル0017作品ファイル0016

作品ファイル0019作品ファイル0018

作品ファイル0021作品ファイル0020

作品ファイル0023作品ファイル0022

あとがき

作品ファイル0025作品ファイル0024

作品ファイル0026,7

あとがき

作品ファイル0029作品ファイル0028

あとがき

作品ファイル0031作品ファイル0030

作品ファイル0032

あとがき

作品ファイル0033